横浜みなとみらい21

Gourmet
2020.09.18

【元町】「表と裏」がテーマのパン屋さん♪店名は「オートウー」

 

横浜にまたひとつ、教えたい店♡

Hello!New Shop

 

自家製あんこやソーセージなどを使った、こだわりのパンが集合!
O to U(オートウー)

 

店名の読み方とその由来がとっても気になっていたパン店「O to U」。
パン激戦区の元町に、2019年11月にオープンした人気店です。

店名の読み方は「オートウー」。表と裏のような反対にあるもの同士を組み合わせたパンを作っていくという思いを込めてつけたそう。

 

お店へと向かう道

裏元町の小径。左には「横浜外国人墓地」

 

お店外観

【アクセス】みなとみらい線「元町・中華街駅(5番出口)」より徒歩約2分

 

店内

店内は「女性から見てシンプルにかわいい」をコンセプト

表(オー)と裏(ウー)のような反対にあるもの同士を組み合わせたパン作りをテーマに、お店には自家製のあんこやソーセージを使ったパンなど、シンプルでおいしい、そして他では出会えないこだわりのパンたち40〜45種類が勢ぞろい。

パン作りのこだわりはしっとりもちもちを基本にほとんどの生地に湯種(小麦を熱湯で混ぜたもの)を入れていて、これを入れるともちもちな食感になるそう。お米に近いパンのイメージで作っているとのことです。

 

カウンター奥には、店主の薄井さん
店内には、ひっきりなしにお客さまが訪れます。

客層は40〜50代の女性が比較的多いそうです。取材時は、若い年代のカップル、親子連れ、友達同士のお客さまの来店がありました。
お店のパンは、午前中にはほぼ売れてしまうそうなので、お店に行かれる際は、お早めに!また、季節限定やその日にしか出さないパンなどもあるそうですよ♪

 

人気商品の「あんぱん」

自家製のあんこを使用

 

ハード系のパン

「うぐいすとゆず」、「トロピカルぱん」、「いちごとピスタチオ」、「黒豆とヘーゼルナッツ」など、オリジナリティあふれるラインナップ

ハード系のパンは、フランス産と国産の粉をミックスした湯種を使用。
店内にはイートインスペースがあり、コーヒーの無料サービスも。
(現在は、コロナ対策のため休止中)

 

 


価格の下には、アレルゲンの表示もあり。

 

今回は、こちらのパンを購入!

 

どれも食べたい衝動にかられましたが・・・こちらのパンたちをセレクト!

「あんこフランボワーズ」 ¥250(税込)

あんことフランボワーズ。この組み合わせ、どんな味がするのだろう?
あんこがちょっと苦手な自分でも食べられるかな?と思いつつ・・・
あんこは甘さ控えめ、フランボワーズとすごくマッチ!
一口で「表と裏」の組み合わせを体感!

 


「クロワッサン」 ¥250(税込)

生地には、フランス産の粉を使用。

 

外はサクッと中はしっとり、バターの風味がおいしさを引き立てます。

 


「キャラメルナッツ」 ¥200(税込)

ちょっと濃いめのキャラメル味のナッツがたっぷり。食べ応えがあります。

 

「ソーセージぱん」 ¥300(税込)

 

 

自家製のソーセージを使用。店主の薄井さんは、なんどソーセージ作りを独学で学んだそう!!
中身がギュッとつまっていて、ソーセージなのにソーセージではないような、新感覚なソーセージ。
このパンを目当てに来るお客様も多いそうなので、売り切れる前にぜひお店へ!

 

店主の薄井さんがデザインした、お店のロゴ入り紙袋もオシャレ♪
(紙袋は有料:¥10)

 

「今後も自家製の具材を使ったパンを生み出していきたい」と、店主の薄井さん。
店主の飽くなき探求心のもと生み出されていく、ここでしか出会えないパンたちにぜひ会いに行ってはいかがでしょうか。

お店のInstagramでは、お店で販売しているパンなども紹介しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

SPOT INFO

O to U

 

表と裏をコンセプトに、和と洋など相反する素材を組み合わせて、どこにもないパンを創り出しています。

  • ショップ・スポット名
    O to U
  • 住所
    神奈川県横浜市中区元町1-54 リブレ元町 2F
  • 電話
    045-232-4722
  • 営業時間
    【営業時間】9:00~17:00(なくなり次第終了)【定休日】月曜日、火曜日
  • 喫煙利用
    不可
  • 総座数
    1席(2人用)