横浜みなとみらい21

Nightview
2021.01.15

いにしえの月夜を思ふ 横浜の空明

冬は一年で最も夜空が美しい季節です。
電飾が多いみなとみらいでも、人々が寝静まる頃には星座がくっきり。

比較的見えやすいオリオン座だけでなく、北斗七星の柄杓型もしっかり肉眼でとらえることができます。
星も見えるくらいですから、月の美しさといったら言わずもがな。
満月の日には眩しさを感じるくらいの輝きで、思わずスマホを向けてしまうことでしょう。


冬の月は直接見るのもいいですが、横浜に来たら、水面に映る月を眺めてみてください。

平安時代、月は直接見るものではなく、池の水面や盃に映ったものを見て楽しんでいました。
水に映る月影のことを「空明」といいますが、横浜では運河に映る姿を楽しむことができます。

美しい空明を楽しめるのは、よく晴れた風の弱い日です。
雲が多いと月明かりが弱く、運河にきれいに映り込みませんし、風が強いと、水面が波立ってしまうからです。

月の位置は時期によって変わりますが、みなとみらいは水辺が多い場所です。

風が弱い冬晴れの夜は、横浜の空明でいにしえのお月見を楽しんでみてください。

(気象予報士・夜景観光士 多胡安那)