横浜みなとみらい21

Gourmet
2021.01.15

『横浜市新市庁舎』内にある商業施設『ラクシス フロント』には横浜発祥の店舗がいっぱい。横浜ならではのグルメを堪能するならここへ!

みなとみらい線「馬車道駅」1C出入口直結、JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩3分の場所に、2020年6月に誕生した『横浜市新市庁舎』。


『横浜市新市庁舎』内には商業施設『ラクシス フロント』が1階、2階に入っています。横浜発祥の店舗を中心としたフードホールや複数の飲食店、ブック&カフェや横浜のお土産を中心に扱うショップ19店舗が入店し、横浜・みなとみらいの注目スポットとして、活気にあふれています。

今回は、そんな『ラクシス フロント』について、入店しているいくつかの店舗をピックアップしながらご紹介します!

施設内は、広々とした空間が広がり、ベビーカーでもすいすい進めるバリアフリーな造りになっています。

カフェやレストランなどグルメな店舗の他に、銀行やドラッグストア、コンビニなど、生活に便利な店舗も入っています。

こちらは、書籍とカフェ空間が一体化した【HAMARU】

こちらは、【もとまちユニオン フードホール】

横浜元町に開業したスーパーマーケット【もとまちユ二オン】の他に、5つのグルメが集っています。

【ル・ミトロン】

横浜市神奈川区の閑静な住宅街、神大寺の町にあるパン屋「ル・ミトロン」。 店名の「ル・ミトロン」とは、フランス語で「パン屋の小僧」の意味で、パン職人を志したときの情熱と遊び心を忘れないという想いを大切にしながらパンづくりに臨んでいる、横浜発祥のベーカリーショップです。

また、誰もがお馴染みの【フレッシュネスバーガー】も。

その他、【横浜市場食堂】、【横浜中華そば 維新商店】、【シュマッツ・ビア・スタンド】がこのフードホール内にあります。

こちらは横浜の魅力や『地産地消』が食を通して体験できる店【TSUBAKI食堂】

海鮮丼などの丼メニューに加え、地場野菜を使用したサラダも名物メニュー。
地場野菜の直売など「横浜」を感じられる店ですよ。

こちらは、【Universal Dining ONE】

県内の生産者から直接仕入れた新鮮な食材を使用し、誰にとってもユニバーサルでストレスフリーなFARM to TABLEレストラン。眺望がいいのも魅力!

そして土産を購入するならここ!【ヨコハマメモリーズ】

横浜を代表する土産物がここ一ヶ所に集結しています!

こんな風に、横浜ならではのショップが多数入店している『ラクシス フロント』。
気軽にランチやカフェ利用に、夜景を眺めながらのディナー、土産を物色で立ち寄るのもいいし、お散歩ついでにパンを購入するもよし!

様々な目的で、それぞれの楽しみ方ができるの『ラクシス フロント』へ、ぜひとも足を運んでみてください。

SPOT INFO

ラクシス フロント(横浜市新市庁舎内)

「横浜市新市庁舎」内の1階と2階に入っている商業施設。横浜発祥の店舗を中心としたフードホールや複数の飲食店、ブック&カフェや横浜のお土産を中心に扱うショップ19の店舗が入店。

  • ショップ・スポット名
    ラクシス フロント(横浜市新市庁舎内)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地10
  • 営業時間
    営業時間は店舗によって異なる
  • URL