横浜みなとみらい21

News
2021.10.11

途上国の子どもたちに学校給食を届けよう!「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」キャンペーン

パシフィコ横浜に拠点を置く国連WFP協会では、あなたと途上国の子どもたちとの間で食料をつなぐ取り組みとして、SNSキャンペーン「ゼロハンガーチャレンジ」を実施します!

食品ロスを減らすアクションを起こしてSNSに投稿すると、1投稿=120円の寄付として、途上国の子どもたちに学校給食を届けます。さらに、素敵な投稿の中から、抽選で豪華賞品が当たります!!
また、人気お笑い芸人「和牛」が、食品ロス削減の取組を楽しく漫才で紹介するオリジナル動画も公開中。

世界では、およそ10人に1人が飢餓に苦しんでいる一方で、全世界で生産された食べ物の3分の1が廃棄されており、日本も「食品ロス」大国の一つとなっています。
10月16日は、世界の飢餓や栄養不足と、その解決策について考える「世界食料デー」です。みなさんも、この機会に食品ロスについて行動してみませんか?

キャンペーン概要
【実施期間】2021年9月29日(水)~10月31日(日)
【参加方法】
STEP1:食品ロス削減に繋がる行動を起こす
STEP2:ハッシュタグ「#食品ロスWFP2021」をつけてSNS(Instagram, Twitter, Facebook)に投稿
STEP3:1投稿につき120円が、寄付協力企業から国連WFP協会を通じて、国連WFPによる途上国の学校給食支援に寄付されます。
STEP4:投稿してくれた方の中から抽選で賞品プレゼント!
※国連WFPの公式アカウント、および本キャンペーンに協力するキャンペーンアンバサダー、スペシャルサポーターの「#食品ロスWFP2021」付き投稿のリポスト(Instagram)、リツイート(Twitter)、シェア(Facebook)も120円の寄付としてカウントされます。(Instagramでリポストされる際は、上記のハッシュタグも付ける)

【お問い合わせ先】
認定NPO法人国連WFP協会 TEL 045-221-2515

★お笑い芸人「和牛」オリジナル動画および詳細はこちら(ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」キャンペーン)