〜みんなとみらいへ〜 横浜みなとみらい21公式ウェブサイト

EN

横浜美術館コレクション鑑賞アプリ 「みるみるアート きみはだれ?」 提供のご案内

横浜美術館は野村総合研究所と、スマートフォンまたはタブレット端末を用いて横浜美術館コレクション
作品を身近に楽しむためのウェブ・アプリケーション(以下、アプリ)「みるみるアート きみはだれ?」
を共同開発し、2022 年 3 月 14 日(月)午前 10 時より無料提供を開始しました。


このアプリでは、13,000 点を超える横浜美術館コレクション作品の中から、西洋画、日本画、写真、版画など多様な 10 点をチョイス。
一つひとつの作品に「きみはだれ?」と問いかけることから鑑賞がスタートします。
10 歳程度の子どもが理解できるやさしい日本語による説明に加えて、大人を想定したより詳しい解説や、作品と横浜美術館にまつわるトリビアもご用意しました。

ご自身のスマートフォンやタブレットでアプリの URL(みるみるアート (nri.co.jp)) にアクセスすれば、ダウンロード不要でご利用いただけます。
絵本をめくるように、手のひらの上で始まるアート探訪をご堪能ください。

そのまま夏休みの宿題にも使えるワークシートも!

https://yokohama.art.museum/static/file/education/CollectionWorksheet.pdf

こんな方にオススメ

■お子様の自由研究のテーマに。
■親子のコミュニケーションに。
■今すぐ気楽にアートを楽しみたい。
■思考をクリエイティブにしたい時の気分転換に。
■ちょっと知的な暇つぶし。
■お友達とのアートな語らいにも。
■タブレットを活用した学校教育にも。

「多様性」を受け入れる柔らかい心の育成に。そして、教育現場の DX にも!

「きみはだれ?」
どんなところに住んでいて、どんな生活をして、今はどんな気持ち?どうして描かれることになったの?
作品と出会った時に生まれる小さな疑問は、そのまま作品そのものを理解することへと繋がっていきます。
他者に興味をもって「知りたい」と思うことは、他者理解への第一歩。「多様性」が重要視される今だからこそ、まずは目の前に登場した作品の中にいる「誰か」を知るところから始めてみませんか?

「みるみるアート」の「みるみる」は、「見る」「観る」「視る」というさまざまな「みる」が、体験する人の内面でみるみる大きく育っていく様子です。そして「きみはだれ?」というタイトルは、「他者に対して開かれたまなざしを養ってほしい」という、今を生きる子どもたちに向けた思いです。

横浜美術館と野村総合研究所は、それぞれが持つ専門性をより良い未来創りに活かすため、共にフィールドワークやリサーチを重ね、このアプリの開発に取り組みました。子どもだけでなく大人も一緒に、そして学校教育の現場でも、このアプリで「柔らかい心」を育んでいただければ幸いです。

アプリ名 :横浜美術館コレクション鑑賞アプリ「みるみるアート」
提供期間 :2022 年 3 月 14 日(月)~2023 年 3 月 31 日(金)
利用方法 :URLまたは二次元バーコードからアクセス(ダウンロード不要)
     https://yma.art-dx.nri.co.jp/
     ※インターネット環境があればどこからでもご利用可
推奨環境: iPhone、iPad : Safari
     Android スマホ、タブレット : Google Chrome
     ※いずれも最新バージョンを推奨
料金: 無料
開発特別協力: 株式会社野村総合研究所
監修 :横浜美術館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]

開催日
2022 年 3 月 14 日(月)~2023 年 3 月 31 日(金)
施設名
横浜美術館(休館中)
イベントURL
https://yokohama.art.museum/news/news/data-20220314-1201.html