横浜みなとみらい21

SPOT INFO

米屋きゃらぶき本舗

安永年間(1772〜81)に米屋として創業したため、今でも店名にその名を残す佃煮の店。きゃらぶきとは野山に自生するフキを醤油で煮詰めたもので、昔は修行僧の保存食だった。ほんのりとしたフキの香りと苦みが効いている。自家製手作りのきゃらぶき1袋525円。ほかにも、しめじ、ふきのとう、筍など、約15種類の佃煮がある。