横浜みなとみらい21

SPOT INFO

HUMAN DOCK

作家名:株式会社三菱地所設計(Mitsubishi Jisho Sekkei Inc)(植田直樹(Naoki Ueda)、高橋万里江 (Marie Takahash)i、松榮宏幸(Hiroyuki Matsue)作品名:HUMAN DOCK制作年:2007年材 質:石サイズ:H0.7×W59.7×D11.8m設置場所:MMパークビル 1F屋外(アーバンコート)
植田直樹1965年東京都、高橋万里江1977年佐賀県、松榮宏幸1971年福岡県生まれ。石造りドックの中でも最も古いもののひとつで、かつてみなとみらい21地区にあった船渠(ドック/現在ドックヤードガーデン)の石を再利用し、ベンチを備えた緑豊かな憩いの空間が作られました。「HUMAN DOCK」は、ドックの空間を石積みで再現した「船渠部」と、そこに係留される船の舳先を抽象化した彫刻から構成されています。このドックの石を後世に伝えるべき街の資産として設置されています。

  • ショップ・スポット名
    HUMAN DOCK
  • 住所
    神奈川県横浜市港北区錦が丘

    MMパークビル