横浜みなとみらい21

2014.09.17

横浜が薫る近くの街へ 街あるきdeバー発見!【@野毛編】

若い人を中心に、今人気急上昇中の横浜のスポット、それが「野毛」エリアといえるでしょう。みなとみらいからぶらぶら歩いて、JR桜木町駅を越えればすぐそこに昭和の雰囲気漂う街が広がっています。そしてこのエリアの魅力は、なんといっても飲み屋街!野毛小路を中心に、左右に細い路地が伸び、そこにひしめくようにさまざまな飲食店が並んでいます。

一歩足を踏み入れるだけで、中華に焼き鳥、もつ焼き、割烹…とにかく気分がそわそわして間違いなくはしご酒がしたくなる!

そして、まず取材スタッフが向かったお店は、賑やかな街の雰囲気とひと味ちがうオーセンティックなバー。お客さんで混み合う前の早めの時間に伺いました!

この場所にお店をオープンして今年で15年という「バー シープ」は、長年通うファンの方も多く、横浜在住・在勤に関わらず、大人の愉しみ方を知るお客さんに愛されるお店。

…となると、なかなか一見客は入るのが難しそう…と思い、オーナーの石川さんにお聞きすると、「いえいえ、いろんな方がいらっしゃいます。お仕事帰りの方、カップル、もちろん初めてという方も。あまり肩肘はらずふらっと気軽にお越しいただけたら」とのこと。

そんなオーナーさんに、おすすめをいただいたのがこちら。品揃えも充実しているというシングルモルトの中でも、かなり個性が際立つ「ラフロイグ」の15年もの。そして、グラスの脇に置かれたボトルにも注目してみてください!実は、これ、お店の15周年記念で数量限定でオリジナルオーダーした特別なボトルなのです。「15周年おめでとうございます」という気持ちを込めて、少しずつ、大切にいただきました。残りあとわずかとのこと、ぜひこの1杯を味わいに石川さんに会いに行ってみてください!

シングルモルトのほかにも、シェリー酒も数多くそろっているとのこと。時折、隣接するスナックからカラオケの音が聞こえてくるのも、「野毛らしさ」を感じて微笑ましかったです。

【バー シープ】
住所:横浜市中区野毛町1-46-1 MS野毛ビル2F
営業時間:月〜土19:00〜02:00(L.O.01:30)
定休日:日曜
電話:045-262-1614

クラシックなバーで特別な1杯を堪能した後、またもやぶらぶらとさまよい目に入ったのがこちら。先ほどとはガラリと雰囲気のちがうバー「山荘」。家のような扉と、緑色に光る看板に惹かれ…。

扉を開け、階段をのぼると、カウンターの中からワイシャツ&ネクタイ、黒いエプロンをしたマスター、ジローさんが気さくに声をかけてくれます。ここは昭和30年から続く野毛の老舗バーとして有名で、今年2014年2月に野毛の第一号店からこの場所に移転されたということでした。

ジローさんに取材の旨を伝えると快くOKしていただき、さっそくおすすめの一杯を作っていただきました。

このバーで長く愛され続ける名物「山荘カクテル」。ジン、ペパーミント、パイナップルジュース、レモンジュースなどを組み合わせた爽やかな味わいで、エメラルドカラーもきれい!

店内には、移転前の“山荘”にタイムスリップできるような品々がそのまま残っていて、中でもこのジュークボックスはマスターのジローさんに次ぐ「お店の顔」なのだとか。もちろんまだまだ現役です!

取材を続けるうちに、釣り帰りの人、ご近所に住む人など常連さんが次から次へと階段を上ってきて、あっという間にカウンターは満席。「ねぇ、こんないい店なのに、なんでもっと早く取材に来なかったの?」とほろ酔い気分の常連紳士からお叱りも受けながら…(笑)。ですが今度は取材ではなく、ジローさんや常連さんたちとの会話を楽しみながらゆっくり一杯飲みに来ちゃいます!

【山荘】
住所:横浜市中区野毛町2-64 野毛産業ビル2F
営業時間:月〜土17:30〜23:30
定休日:日・祝
電話:045-231-9009