〜みんなとみらいへ〜 横浜みなとみらい21公式ウェブサイト

EN

約3年ぶりにリニューアルオープン!あらゆる人を歓迎する「新しい横浜美術館」へ

2021年3月から約3年におよぶ大規模改修工事を経て、2024年3月15日に横浜美術館がリニューアルオープンします。
新たに「ミュージアムメッセージ」「じゆうエリア」「サイン計画およびリニューアルロゴ」を作成。

開館から30年以上の活動の蓄積を踏まえ、リニューアルオープンを機に、
新たに「ミュージアムメッセージ」、「じゆうエリア」、「サイン計画およびリニューアルロゴ」をつくりました。

【ミュージアムメッセージ】

ミュージアムメッセージ 

みなとが、ひらく

ステートメント

美術館は、港のようだと思います。
どんな人も歓迎する。
来るもの、出るもの、多様な文化や価値観が交錯する。
今と過去と未来を中継する。
バリアもボーダーも飛び越えていく。
そして、世界にひらかれた港町の美術館として
歩んできた私たちは、さらに思うのです。

ここに訪れるすべてのあなたもまた、港なのだと。
自由な出会い。豊かなまなび。自分らしくいられる時間。
みて、つくって、まなんで。見晴らしのいい気分で、未来へ針路をとるために。
たとえ時代が変わっても、今日という暮らしのそばで
横浜美術館は、あなたという港がひらく場でありたいと思います。

5つの願い

1. 誰もが尊重され、自分らしくいられる場でありますように
2. 人、もの、考えとの新たな出会いの場でありますように
3. 今日を生きるよろこびを感じる場でありますように
4. このよろこびが、美術館から街へと広がりますように
5. ひとりと、地域と、世界がつながる場となりますように

【じゆうエリア】

横浜美術館を象徴する大空間「グランドギャラリー」を中心とする無料エリアが、より自由でひらかれた「じゆうエリア」となって生まれ変わります。横浜美術館の建物から抽出したさまざまな色やかたちの家具を設置し、あらゆる人を歓迎する、どんな人にも居場所がある、そんな美術館の新時代を象徴する場所になるとのこと。

サイン計画およびリニューアルロゴ

開館から30年以上のあいだにつくられた様々な案内表示を、誰もが理解しやすく、追加や変更が容易なものに一新されました。

また、1989年の開館当時にデザインされたシンボルマークとロゴタイプから、活動再開を記念する特別なリニューアルロゴを作成。

キーワードはともに「変化」と「ひらくこと」です。

2024年3月15日にリニューアルオープンし、2025年2月に完成するまで、だんだんと新しい横浜美術館ができあがっていく様子を、楽しみながら見守っていきましょう。

リニューアルオープン以降の予定

<2024年3月15日>
横浜美術館リニューアルオープン
「第8回横浜トリエンナーレ」開幕

<2024年6月9日> 
「第8回横浜トリエンナーレ」閉幕以降、約13,000点の横浜美術館コレクションを外部倉庫より収蔵庫へ格納

<2024年11月>
ギャラリー8/ギャラリー9/市民のアトリエ/子どものアトリエ/美術図書室/レクチャーホール/ミュージアムショップ/カフェをリニューアルオープン

<2025年2月>
全館始動
「おかえり、ヨコハマ。」展等開催
「じゆうエリア」オープン

開催日
2024年3月15日 リニューアルオープン
2025年2月 全館始動 予定
施設名
横浜美術館