〜みんなとみらいへ〜 横浜みなとみらい21公式ウェブサイト

EN

横浜中華街とパシフィコ横浜が「包括連携協定」を締結 ~調印式では「祈願獅子舞」が連携協力とコロナ退散を祈願~

横浜中華街発展会協同組合(所在地:横浜市中区 理事長:高橋伸昌)とパシフィコ横浜(正式名称:株式会社横 浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区 代表取締役社長:額田樹子)は、横浜における観光・MICE※1 の推進と、 横浜都心臨海部の一層の活性化に資することを目的として、2022 年 2 月 1 日、連携・協力に関する包括連 携協定(以下「連携協定」という)を締結いたしました。これにより、国内外からの誘客促進、観光・MICE の受 入環境整備の推進、MICE の誘致・開催支援機能の充実において、連携強化を図ります。

連携協定第一弾の取り組みとして、横浜中華街の春節を横浜のさまざまな場所でも楽しみながら回遊を促 進する新たな試み(社会実験)『横浜春節祭』における「ランタンオブジェデジタルスタンプラリー」にパシフィコ 横浜が協力します。2 月は観光閑散期でもあり、冬の閑散期の新たな観光資源として、誘客促進を図ります。

今後は、パシフィコ横浜を訪れるお客さま向けに横浜中華街を満喫いただける観光特別パッケージの企画 やイベント協力、さまざまな地域課題の共有や地域住民及び地域活動との交流機会の創出、PR 活動の相互 協力などに取り組んでまいります。本連携協定の締結により、年間 2,000 万人を超える観光客が訪れる横浜 最大の観光地である横浜中華街と、日本最大級の国際会議場として国内外から多くのお客さまが訪れるパシ フィコ横浜との相互連携強化を通じて、地域経済の回復と地域連携のさらなる活性化を目指します。